30代40代50代のアンチエイジング♥レビュー(体験談)・感想・口コミ・キャンペーン情報などを紹介しています♪

元美容部員の美活日記

美容成分のあれこれ

ビタミンC誘導体について~効果~

更新日:

 

最近はビタミンC誘導体配合の化粧品を良く目にするようになりました。

ただのビタミンCにくらべ、効果は高く真皮層まで働きかけてくれるというものですが、詳しく調べてみました。

ビタミンC誘導体とは、生体内で酵素反応によって、ビタミンCと変化するもの。

誘導体化により、生体外での安定化、生体内への吸収率向上のメリットがある。

そのままのビタミンCでは、熱や光に弱く、空気に触れると酸化しやすく、分子構造が壊れやすくなります。

皮膚は、水溶性の物質をはじく作用があるが、ビタミンC誘導体は皮膚に浸透しやすいように合成された美容成分です。

このように、ビタミンCの弱点を改良したものがビタミンC誘導体というわけです。

◇ビタミンC誘導体の種類◇

~水溶性~

化粧水や美容液など、ローションタイプの化粧品に配合されています。

即効性があり、短期間で皮膚に吸収されて、お肌の改善効果を期待できます。

~油溶性~

水溶性のビタミンCに、油分を配合させることで、エマルジョン状態の化粧品でも配合可能となったビタミンC誘導体です。

お肌への刺激が少なく、真皮まで浸透するため、特に敏感肌や乾燥肌の方のトラブル改善に有効なビタミンC誘導体です。

即効性は水溶性の方が勝りますが、皮脂膜や角質層への吸収率は、油溶性の方が高いという性質があるようです。

ローション状には水溶性のビタミンC誘導体が配合され真皮層に働きかけを。

エマルジョンやクリーム状には油溶性のビタミンC誘導体が配合され表皮のケアを。

と、ローションタイプで真皮層ケア、乳化タイプのもので表皮ケア、とダブルでケアできるいうことですね。

~新型ビタミンC誘導体~

進化型ビタミンC誘導体で、アプレシエ・APPS・髙浸透型ビタミンC誘導体とも呼ばれています。

これは、水溶性と油溶性の両方の特徴を持つ、一番新しいビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の中でも効果が高い、進化したビタミンC誘導体です。

新型ビタミンC誘導体は、塗った後のべたつきやつっぱり感、お肌への刺激が改善され、美容皮膚科でも治療剤として使われています。

浸透力は、水溶性ビタミンC誘導体のなんと100倍。

イオン導入しないと届かないお肌の深部にまで働きかけてくれます。

一概にビタミンC誘導体といっても様々な種類があるのですね。

 

関連記事
サイクルプラス(髙浸透型ビタミンC誘導体配合スキンケア)
肌美精(ビタミンC誘導体配合マスク)
○salacia(サラシア)C200パワーセラムの口コミ(クチコミ)
○manara(マナラ)ホットクレンジングジェル~ビタミンC誘導体配合クレンジング~

-美容成分のあれこれ

Copyright© 元美容部員の美活日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.