30代40代50代のアンチエイジング♥レビュー(体験談)・感想・口コミ・キャンペーン情報などを紹介しています♪

元美容部員の美活日記

美容成分のあれこれ

セラミドとは?

更新日:

 

セラミドとは、角質細胞の一種です。

最も保湿効果が高いエイジングケア成分として、代表的な保湿成分です。

角質の構造を、レンガとセメントに例えてみたいと思います。

角質細胞がレンガだとすると、角質細胞間脂質はセメント。

積み重なるレンガを、セメントの役割をする角質細胞間脂質がつなぎ止め、水分を保持したりバリア機能を整えたりします。

角質細胞間脂質は、水分をサンドイッチ状に挟み込む性質があります。

この構造をラメラ構造といいます。

ラメラ構造に取り込まれた水分は、湿度が0%であっても蒸発しないものです。

 

セラミドは、肌の新陳代謝により作られます。

加齢や紫外線の影響、睡眠不足などで、ターンオーバーが低下していくと、セラミドは減少してしまいます。

レンガをつなぎとめるセメント(セラミド)が少ないと、角質層が不安定になり、バリア機能の低下につながります。

肌に保持されている水分や栄養分が蒸発され易く乾燥が進みます。

肌は外的刺激を受けやすく、肌トラブルが表面化してきます。

老化予防のためには、化粧品やサプリメントなどで補ってあげることが必要になります。

セラミドがお肌に行きわたると、ちりめんじわも改善されていきます。

たるみや深刻なシワなどに進行しないよう、上手に取り入れてあげたいものです。

 

-美容成分のあれこれ

Copyright© 元美容部員の美活日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.