30代40代50代のアンチエイジング♥レビュー(体験談)・感想・口コミ・キャンペーン情報などを紹介しています♪

元美容部員の美活日記

美容(健康)知識

ローズヒップをいただきました。(作用・効果・効能まとめ)

更新日:

 

お友達にローズヒップをいただきました🌹

午後の一息にローズヒップティーを飲んでいます☕

 

 

私…実は、ローズヒップが苦手で普段からあまり飲まないのですが、そのお友達は、良く飲むそう。

美肌の秘訣は、ローズヒップにあるのかも❕

ローズヒップについて、まとめてみましたよ📝

 

ローズヒップのこと

 

ローズヒップとは、バラ科のバラ属の植物の果実です。

南米やヨーロッパに育つドッグローズという野生のローズの赤い実のことをいいます。

ハーブティーとして摂取する身体の内側からのケアと、種を圧搾してとるローズヒップオイルをお肌につける外側からのケアが有効です。

ローズヒップオイルには、リノール酸・リノレン酸という皮膚に必要な成分や、ビタミンAによく似た成分が含まれていて、細胞を活性化する作用があります。

保湿効果もあり、うるおいのある肌を作る働きもあります。

ヒップとは、野ばらの実という意味を持っていますが、ヒップ=おしりや腰と混合してしまうので、「ローズヒップ」と呼ばれているそう。

「若返りの秘訣」や「ビタミンCの爆弾」などとも呼ばれているんですって。

美肌効果が高いので、積極的に取り入れたいハーブですね☕

 

ローズヒップの効果・効能・作用

 

ローズヒップは、ビタミンCの宝庫でありレモンの約10~20倍とも言われています。

通常のビタミンCは、熱に弱く、調理したり熱いものの中に入れると壊れてしまいますが、ローズヒップに含まれるビタミンCは、酵素やビタミンPの働きによって、熱を加えても壊れにくいので、ローズヒップティーとして摂取することが可能です。

さらに、ローズヒップに含まれるビタミンCは、体内に吸収しやすいんですって。

シミやそばかすの予防にも適しています。

コラーゲンの生成を促してくれる働きもあるので、お肌に弾力を付け、美肌・美白効果があります。

ニキビ跡が気になる方にもおすすめのハーブティーなんですって。

美肌に効果的なビタミンとしては、ビタミンEも含まれていて、お肌のターンオーバーを促す働きから、毛穴が小さく目立たないなる、黒ずみが目立たなくなる効果が期待できるようです。

ビタミンEは、体内で働き終えると自ら酸化してしまう性質があるのですが、ローズヒップに含まれるビタミンPによって働きの高まったビタミンCが、酸化したビタミンEを再生してくれるという相乗効果があります。

他には、カルシウム(牛乳の約9倍)、鉄分(ほうれん草の約2倍)、βカロチン(トマトの約20倍)、リコピン(トマトよりも多い)も含まれています。

 

ローズヒップの効能・効果・作用のまとめ

  • 美肌効果(毛穴の開き、黒ずみ改善など)
  • 便秘の解消
  • 日焼けの防止、しみ・そばかすの予防
  • 貧血・めまい・免疫力低下の改善
  • 風邪などの感染予防や抵抗力の回復
  • 老化防止
  • 皮膚や粘膜の強化と保持
  • イライラやストレスの解消
  • リラックス効果
  • ホルモンバランスを整える
  • ダイエットやむくみの改善
  • 生理痛・生理不順の症状緩和
  • 妊娠中の栄養補給

…など。

 

ローズヒップティーのこと

 

ローズヒップティーは、ノンカフェインなので、お子様や妊娠中の方でも安心して飲むことができます。

飲んだ後の実を食べることもできるんですって。

様々な栄養素を多く含むローズヒップですが、ローズヒップティーとして摂取する場合、栄養素が抽出されるのは、20~30%のみ。

ビタミンEは、水に溶けにくい性質を持っているので、ハーブティーのする際には、残った実を食べるといいそうです。

 

ローズヒップのその他の使用法

 

入浴剤として

ジャムやスムージーにして

 

 

ローズヒップは、美容と健康のために積極的に取り入れていきたいハーブですね💮

友達に感謝💖

私も今日からティータイムにローズヒップティーをいただきます☕

 

 

-美容(健康)知識

Copyright© 元美容部員の美活日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.