30代40代50代のアンチエイジング♥レビュー(体験談)・感想・口コミ・キャンペーン情報などを紹介しています♪

元美容部員の美活日記

美容(健康)知識

甘酒の美容効果効能のまとめ

投稿日:

 

寒くなると、飲みたくなる甘酒。

夏バテ予防の飲む点滴として、夏でもスーパーに並んでいますが、寒い季節になると、種類も様々な甘酒を見掛けるようになりました。

甘酒には、酒粕に砂糖を加えるものと、コメ麹を使った甘酒の2種類ありますが、美容効果に優れている米麴を使った甘酒について調べてみたいと思います📝

 

1⃣麹酸の美肌効果!

コウジ酸には、シミの発生の原因となるメラニンを抑制してくれる働きがあります。

皮膚や粘膜を保護するビタミンB2が豊富に含まれており、皮膚を活性化させ保湿機能を高めてくれます。

糖化と言われる肌老化の原因も抑える働きがあります。

 

2⃣酵素がダイエットに効果的!

甘酒には、リパーゼという脂肪を燃やしてエネルギーに変える酵素をはじめ、代謝を高める酵素が100種類以上含まれます。

身体の酵素が減少してくると、代謝が悪くなり太りやすい体質へと変わります。

酵素は代謝に欠かせない重要な栄養素なのです。

甘酒を飲むことで、酵素が十分に補給され、代謝が整いダイエット効果が高まります。

身体の老廃物や毒素の排出を促し、腸内環境も整うといった整腸効果も期待できます。

また、低カロリーなので、ダイエット中の甘味補給のための飲み物としても最適ですよ。

 

3⃣乳酸菌が便秘を解消、免疫力アップ!

甘酒に含まれる生きたままの乳酸菌が、腸内環境を整えます。

大腸に届いたオリゴ糖やブドウ糖が、善玉菌を増やしてくれるので、整腸作用があります。

食物繊維も含まれているので、便秘の解消に役立ちます。

腸内環境が整うことで、免疫力がアップします。

 

4⃣飲む点滴効果で、体力回復!

消化の吸収を助ける消化酵素と、エネルギーに転換してくれるビタミンB群の働きで、疲労回復に優れた効果を発揮します。

風邪などで体調を崩した時には、食事から摂取した栄養素を効率よくエネルギーに変換してくれるので、体力の回復に役立ちます。

甘酒の滋養強壮効果で、飲み続けることで、疲れにくい身体づくりが出来ます。

体力が低下しがちな病後、産後、授乳期にもおすすめです。

 

5⃣髪の毛にツヤハリを与える美髪効果!

イノシトール、パントテン酸、ビオチンが、頭皮や髪の毛の健康を守ります。

髪を作り出すたんぱく質をサポートするので、つや、ハリのある健康的な髪を作ります。

コウジ酸にも、美髪効果があるので相乗効果が期待できます。

 

甘酒アレンジメニュー

そのままでも美味しい甘酒ですが、フルーツとの相性もいいのです。

フルーツの栄養成分も同時に摂れて一石二鳥。

美容と健康に効果抜群のアレンジメニューをご紹介します。

 

甘酒×バナナ

バナナにもオリゴ糖がたっぷり含まれています。ビフィズス菌などの腸内の善玉菌のエサとなる事で、善玉菌が増えさらに整腸効果がアップします。

また、オリゴ糖の摂取でカルシウムなどのミネラル成分の吸収率がアップ。

腸内環境が整い、便秘解消・老廃物排出効果で、肌荒れを改善しお肌の調子を整えます。

 

甘酒×キウイ

キウイには、抗酸化力の高いビタミンCとビタミンEが豊富に含まれています。

バナナ2本分に相当する食物繊維やカリウム、クエン酸なども含まれます。

シミや、しわなどの肌老化の抑制、便秘やむくみを解消し、ホルモンバランスの乱れの改善にも効果があります。

 

甘酒×豆乳

エイジングケアドリンクに最適。

女優の永作博美さんや檀れいさんも毎朝飲んでいると知られています。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの代わりとなる成分で、更年期などの女性ホルモンの減少時期の救世主。

甘酒と豆乳のダブル効果で、アンチエイジングのためのスーパードリンクとなります。

また、お互いを引き立てとても飲みやすく美味しい。

 

他にも、スイカやブルーベリー、オレンジジュースなどと一緒に飲むのもおすすめ。

ご自分に合った飲み方を探すのも楽しそうですね。

美容のためには、一日に200㎖飲むことがおすすめ。

甘酒はコンビニやスーパーでも気軽に買えるので、ぜひ甘酒美容にチャレンジしてみてください。

 

 

-美容(健康)知識

Copyright© 元美容部員の美活日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.