30代40代50代のアンチエイジング♥レビュー(体験談)・感想・口コミ・キャンペーン情報などを紹介しています♪

元美容部員の美活日記

美容知識

日焼け止めの表示の意味

更新日:

 

日焼け止めには
「SPF」と「PA」と表示されてありますよね。

どちらとも
紫外線をカットする力を表す指数
なのですが、
この違いは・・・

「SPF」は紫外線B波のカット力
「PA]は紫外線A波のカット力

を表しています。

紫外線B波とは
とても強いエネルギーを持ち
お肌を赤くしたりヒリヒリさせるパワーを持つ紫外線。

日焼けを起こすのがこのB波なんです。

真皮層までは到達しませんが
コラーゲンの劣化の原因となります。

私たちのお肌は
20分間紫外線を浴びると
紫外線の影響を受ける
と言われていて
SPF2なら倍の40分間
紫外線の影響をうけるのを防げる
ということになります。

数値は2から50までで表示されていて
数値が高いほど日焼け止め効果が高くなります。

紫外線A波とは
エネルギーは弱いものの
じわじわとお肌の真皮にまで到達するので
シミ、しわなどの肌老化の原因になります。

表示は+で表されます。

「+」なら黒くなる時間を2から4倍。
「++」なら4から8倍。
「+++」なら8倍以上

時間を引き延ばすことが出来るという意味です。

日常的につかうなら
SPF20前後で十分と言われますが
焼けやすい方やすぐに赤くなっていまう方は
もっと数値が高いものを使ってあげるといいようですよ。

私はすぐに黒くなりやすい肌質なので
紫外線の気になる季節には
お顔、体ともSPF50のものを使っています。

数値の高いものほど
お肌に負担が掛かると言われていましたが
最近では成分自体が
お肌に負担を掛けないように工夫された
日焼け止めも多く見られるようになりました。

上手に日焼け止めを使って
紫外線を防いであげたいですね。

 

関連記事
○ランコムのエクスペール
     ○ラッシュポゼ~皮膚科医推奨の日焼け止め~

-美容知識

Copyright© 元美容部員の美活日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.