30代40代50代のアンチエイジング♥レビュー(体験談)・感想・口コミ・キャンペーン情報などを紹介しています♪

元美容部員の美活日記

美容知識

目の下のクマを退治!

更新日:

 

パソコンに向かうことの多い私の悩みの一つが、目の下のクマ。

クマがうっすら見えていると、グーンと老け込んで見えてしまうので、なんとかしたい。

クマの種類や原因もいろいろあるので、調べてみましたよ📝

 

クマには、色の見え方や原因の違いから、青グマ・黒グマ・茶グマの3種類に分けられます。

どうやら、クマの種類によって対処法が違うよう。

 

青グマ

血行が悪く青く見えるクマ

目の周りの皮膚は、とても薄いため、血行不良による血液のうっ血がうすく見える状態。

軽くマッサージをしたり、温めることにより、血液循環が良くなり、目立たなくなります。

 

黒グマ

目の下のたるみで、黒い影に見えるクマ

老化により、目の下の皮膚がたるみ、黒く影が見える状態。

目の周りがとても皮膚が薄いため、たるみを改善するのが難しいのですが、アイクリームなどを使った目元のケアですっきり見えることも。

 

茶グマ

色素沈着によるクマ

皮膚が薄くデリケートな目元は、こすったりすることで、色素沈着が起こったり、小さなシミが集まって茶色く見えたりします。

改善しにくいクマですが、美白のケアを続けることをお勧めします。

 

目元の皮膚は、とても薄く、ダメージを受けやすい部分です。

そのうえ、瞬きや表情の変化により、良く動かす部分でもあります。

クマが出来てしまうと、通常のスキンケアだけでは、改善することは難しいので、目元専用の美容液やクリームなどでのスペシャルケアが必要になります。

メイクでカバーするには、コンシーラーや一段明るめのファンデーション、ハイライトカラーなどの使用がお勧めです。

私も通常のケアにプラスして、アイケアしないといけません💦

若見えのために、疲れ顔や老け顔の一番の原因のクマを退治せねば✊

 

 

-美容知識

Copyright© 元美容部員の美活日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.